ジョシュア・ウールマン
気象学者(ドップラー・オン・ホイールズ開発者)

出身国: アメリカ合衆国

ウールマン博士は地上で最も破壊的な自然の驚異を日々追跡しています。シビアウェザー中央研究所の所長として、竜巻のトラッキングシステムと解析手法を確立しました。ウールマン博士と彼のチームはスリルや危険なリスクは避けなければなりません。科学的な目的を達成するためには十分な準備が必要不可欠です。一つの間違いが、致命的な事故につながりかねないのです。

プロのストームチェイサーは常に恐怖と向き合う必要があり、彼らは竜巻の研究にすべてをかけ臨んでいるのです。

経歴:

*ウールマン博士は物理とインターディシプナリー・サイエンスの学位、気象学の修士号、また気象学の博士号をマサチューセッツ工科大学にて取得しました。

*彼はコロラド州にあるシビアウェザー中央研究所(CSWR)の設立者であり所長を務めています。

*ウールマン博士は竜巻やサイクロン、野火や冬の嵐などを観測できる移動式のドップラー・レーダー(DOW)を開発。彼はバイスタティックとDOW関連技術で9つの特許を取得しています。最初のDOWは1995年に開発され2014年の3月までに8つのユニットが運用されています。DOWは、嵐やその他の気象学のリサーチにおいて革新的な役割を担っています。

*ウールマン博士は、「ナショナル・サイエンス・ファンデーション低気圧研究機関」のDOWレーダーネットワークを管理しています。

*彼はチーフサイエンティストとして、VORTEX2プロジェクトに参加し、3つのプロジェクトにおよびDOWの運営を行っています。

*彼の科学的な働きとDOWプロジェクトは様々な機関によって出資されています。

*ウールマン博士は、「USAサイエンス&エンジニアリングフェスティバル」の「ニフティ・フィフティ」、若年層の科学への興味を高めるために選ばれた著名な科学者やエンジニアのグループの一員です。

*ウールマン博士は「ディスカバリー・チャンネル」のリアリティ・ショーの「ストームチェイサー」シリーズに登場する竜巻解析グループを率いる科学者として一般に広く認知されています。

*彼の研究については、「Discover」「TIME」「Newsweek」「The New York Times」「USA Today」など、様々なパブリケーションで紹介されています。

最新ニュースやイベント、限定品等の情報をお届けします
男性  女性 
サインアップ
Your personal data will only be processed to send you our news. More information is available in our Privacy Notice.
The BALL Watch website uses cookies. Find out about cookies here. We use cookies to provide you with a great experience and to help our website run effectively. By continuing to browser this site you are agreeing to our use of cookie.