耐磁性

耐磁時計の構造

ボール ウォッチ製品に採用されている耐磁性に優れたケース構造は、軟鉄製の裏蓋とインナーリングでムーブメントを囲い内部のムーブメントを保護しています。この画期的な合金はケースの形状によりさらに強化され、磁気がムーブメントに進入するのを防ぎ、時計の精度への影響を限りなく遮断します。

耐磁時計の基準

耐磁性とは実際にどのような意味でしょうか。現在の基準では、通常の機械式時計が4,800A/mの磁場に置かれても動き続け、±30秒/日差の残留効果が生じない場合に「耐磁性」がある時計と定義されています。

ボール ウォッチのコレクションの中ではこの基準をさらに上回るモデルがラインアップされており、「EH スペースマスター」は12,000A/m、そして「マグニートー S」は80,000A/mの耐磁性を備えています。

最新ニュースやイベント、限定品等の情報をお届けします
男性  女性 
サインアップ