スプリングロック耐震システム

精度の安定

時計の精度を低下させる原因にはさまざまなことが考えられますが、衝撃によって「ヒゲゼンマイ」の動きが不安定になることも原因の1つにあげられます。ボール ウォッチが開発した「スプリングロック」は、ヒゲゼンマイへの衝撃の影響を最大で66%緩和し、時計の精度を安定させる世界初の耐震装置です。

ヒゲゼンマイの特徴

ヒゲゼンマイは、同心円状に巻かれた繊細な小さなバネで、一方の端はテン真に、もう一方の端はひげ持ちに固定されています。ボール ウォッチが独自に開発した「スプリングロック耐震システム」は、外部から時計に加わる衝撃エネルギーをケージが吸収し、ヒゲゼンマイを保護しています。ヒゲゼンマイとはテンプと一体になって時計の規則性を司る調速機の一部で、この装置の機能いかんで精度に差が生じます。しかし、この装置が時計機構の中で最も損傷しやすく、衝撃で大きなダメージを受けるのです。


特殊なケージを備えるスプリングロック耐震システム

ボール ウォッチによって開発されたスプリングロックは、時計に衝撃が加わった際に、衝撃エネルギーを「ケージ」に吸収させて、ヒゲゼンマイを保護する仕組みで、衝撃によりヒゲゼンマイが過剰に変形したり、ヒゲがらみの症状を防ぎ、ヒゲゼンマイの破断リスクを大幅に減少させる利点があります。


大きな衝撃が機械式時計に与える影響

標準的な機械式時計に大きな衝撃が加わると、±60 秒/日差の残留効果が生じるおそれがありますが、「スプリングロック」は、衝撃の影響を最大で66%抑え、ムーブメントの精度を安定させます。これにより時計を装着したままゴルフやバイクに乗るなど、様々なシーンで着用していただくことが可能になったのです。

最新ニュースやイベント、限定品等の情報をお届けします
男性  女性 
サインアップ