ギョーム・ネリー
4度に及ぶフリーダイビングの新記録樹立、2011年世界チャンピオン

出身国: フランス

フリーダイビングの世界チャンピオンであるギョーム・ネリーは、フランスに生を受けました。彼はたった一呼吸で海面から125mの深さまで潜ることができるのです。いくつもの世界記録を塗り替え、2011年の世界チャンピオンとなった彼は、現在も大きな目標を持ち続けています。完璧な美しさ、高次元のパフォーマンス、探究心はアートの域に達し、彼の人生哲学にもなっています。

「私にとっての自由とは、海の中心部へと深く潜っていくことです」

経歴:

*2002年、ギョーム・ネリーは、フランスのアルプ=マリティームで深度87メートルのダイビングに成功し、最年少の世界記録保持者となりました。

*2004年、レユニオンで自己ベストを更新し96メートルのダイビングに成功しました。

*2006年9月6日、ニースで再び自身の記録を打ち破り109メートルのディープダイブに成功。

*2010年には、パートナーのジュリー・ゴーティエと発表したショートフィルム「フリー・フォール」が彼を新しいステージへと導きました。このショートフィルムは、バハマにある世界で最も深いブルーホール「ディーンズ・ブルーホール」の深い底へ向かってネリーがダイビングする姿が捉られています。このフィルムによってネリーは様々な自然の力、水、大地、空気、そしてフリーダイビングの最も重要な要素でもある自由、自然とのハーモニーを表現しています。

*2011年にギリシャのカラマタで開催されたワールドチャンピオンシップで、個人として117メートルの記録を樹立し世界チャンピオンに輝きました。

*2012年、フランス記録を更新する123メートルの記録を樹立。

*2013年にはワン・ブレスで125メートルに到達。

*2014年9月、エクストリームスポーツをアスリートの視点から切り取る
90分のドキュメンタリー・フィルム「アテンション」がオーストリア、ドイツ、スイスでリリースされ、2人のワールドクラスのアスリートともに出演を果たしました。

最新ニュースやイベント、限定品等の情報をお届けします
男性  女性 
サインアップ